calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

三井のリパークでカーシェアリング『careco(カレコ)』

一休.comは、全国約1,400の高級ホテル・旅館、また全国約1,000のワンランク上のビジネスホテルを  「タイムセール」や「一休限定」など充実のプランでお得に予約できるサイトです。

ホテル予約最大16%割引!【Booking.comカード】

ロリポップ!レンタルサーバー新規会員募集

新会社でも作れる法人ガソリンカード(高速情報協同組合)

伸びやかなラインが美しい有田焼の器♪

0

    JUGEMテーマ:

     

    有田焼の伝統的な技術を用いて、モダンなデザインのアイテムを開発している「ARITA PORCELAIN LAB」。透明感と深みのある爽やかな色合いの反鉢は、伸びやかなラインとスタイリッシュなシルエットが魅力。

    とっても素敵です♪

     

     

    交趾(こうち)」という技法で器にガラスを何度も吹き付けることで透明感と深みのある青を実現した「クリアブルー(濃ブルー)」と、釉薬と青の絵の具をブレンドし、職人がひとつひとつ刷毛で塗りつけることにより、マットで輝きのある、格調高い仕上がりの「パールブルー(淡ブルー)」。サラダや炒め物はもちろんのこと、程よい深さがあるので、汁気の多い煮物などを盛り付けても良いだろう。

     

    【ARITA PORCELAIN LAB】反鉢(JAPAN BLUE)/大/クリアブルー(濃ブルー)


    ラジオ初体験♪

    0

      JUGEMテーマ:日記+情報

       

      こんにちは♪

       

      今日の大阪は大雨💦

       

      災害にならない事を祈ります・・・

       

      皆様お気をつけ下さいね。

       

      さて、先日インターネットラジオ(FM GIG)に

       

      ご縁あってださせていただきました♪

       

      初めての体験でワクワクしながらもドキドキな

       

      はじめ30分と聞いて”ながっ!”て思いましたが

       

      あっという間でした💦

       

       

      終わってからもっと話してみたかったなと・・・笑

       

      視聴者の方にとって如何な物だったかは・・・💦

       

      でもまあ楽しい良い経験でした♪

       

       

      お誘いしていただいたまゆちゃんありがとうございました♪

       

      また、ももさん、スタッフの方ありがとうございました!

       

      又機会があれば出てみたいな〜♪

       

       

      http://www.fm-gig.net/smf/side-b.html

       

       

      <スポンサード>

       

       

       


      いいお店発見♪

      0

        JUGEMテーマ:日記+情報

         

         

        こんにちは〜♪

         

        関東方面では梅雨も明け夏本番らしいですね☀️

         

        関西はまだらしいですが、真夏のようなお天気が続いてます☀️

         

        そんな中、仕事仲間の出産祝いを届けに奈良の桜井まで〜

         

        お天気が良いからドライブも兼ねて早めに出発🚗

         

        途中三輪明神大上神社へより、冷やそうめんを頂きに♪

         

        そうめん處 森正

         

         

        毎年夏になると食べにいきたくなります♪

         

        風情のある店内が好きですね。

         

         

        柿の葉寿司も必ず頂きます♪

         

         

        もし三輪へ行かれましたら是非寄ってみてくださいね♪

         

        ご予約はこちらから♪

         

        そして、そこから暫く🚗を走らせてたまたま見つけた

         

        五平餅のお店がとっても良いお店で!!!

         

        とっても気に入りました!!!!!♪

         

        関戸峠の五平餅

         

         

         

        こちらのお庭で頂く事も出来、

         

        とってもいい感じでついつい長居したくなります。

         

         

        アンティークな物もあったり、吊るし飾り教室なども

         

        あったりします♪

         

        また、お取り寄せも出来るとの事ですから

         

        そちらも是非おすすめです♪

         

         

         

        お近くにこられましたら是非おすすめです♪

         

        関戸峠の五平餅 ご予約はこちらから♪

         

        なんだかメインが食べ歩きみたいになってしまいましたが・・・

         

        ちゃんとお祝いもっていってきました♪

         

        とっても可愛い赤ちゃんでしたよ〜

         

        おめでとう♪和也君♪

         

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         

        <スポンサード>

         


        「syouryu」のすずがみの器♪

        0

          JUGEMテーマ:

           

          「syouryu」のすずがみの器♪

           

          変幻自在に形を変えることができる、紙のように薄い錫(スズ)の器。

          富山県高岡市の伝統産業である「鍛金」の技法を活かし、

          これまで素材として敬遠されがちだった錫を大胆に使った斬新な器

           

           

           

          ☆ 国内十指の鍛金りん職人が生み出す斬新な発想の器

           

          ☆ 自分で形作る楽しさ多彩な機能性が魅力

           

          ☆ 錫の特性×匠の技により生まれる新たな可能性

           

          ☆ライフスタイルに応じた幅広い用途に遊び心をプラス

           

           

           

          スタイリッシュでオシャレですね♪

          使う人が自由に形を変えられることで、多彩なシーンや用途で活躍する「すずがみ」のサイズは全部で4種類。ホームパーティー時にサラダやパスタ、おつまみなどを盛り付けたり、来客時に和菓子やケーキを乗せて出せば会話が盛り上がること間違いなし。

           

          是非おすすめです♪

           

          「syouryu」のすずがみ


          世界のNOBUレストランで使用される プロフェッショナルな西京皿

          0

            JUGEMテーマ:

             

            ■最も著名な日本人シェフの一人「ノブ・マツヒサ」  
            ロバート・デ・ニーロ氏やジョルジオ・アルマーニ氏との共同経営に、海外で日本料理を広めた存在としてその名が知られている日本人シェフ「ノブ・マツヒサ」こと松久信幸氏。日本料理をもとに、西洋・南米料理の要素を取り入れた独創的な「NOBUフード」が高く評価され、日本店「NOBU TOKYO」を含めたレストランを世界各地で30店舗以上展開。この西京皿は、世界の「NOBUレストラン」で提供中のもの。NOBUオリジナルブランドのテーブルウェアは和・洋ともにすべて白で統一され、現在その数は50点を超える。シェフでこれだけの食器をオリジナルで持つ人はなかなかいない。

             

            世界のNOBUレストランで使用される プロフェッショナルな西京皿

             

             

            ■NOBUオリジナルテーブルウェアの代表作  
            今回紹介する西京皿は、松久氏のおすすめ商品。「西京焼はNOBUレストランでも人気のメニューのひとつです。世界のどのNOBUレストランでも西京焼はこの皿で提供しています。味噌をのせるための四隅の丸いモチーフは、すごろくや日の丸からインスパイアされてデザインしました。我々料理人にとって、皿はキャンバスのようなもの。キャンバスに描く絵に必要な皿は、料理と同様にこだわり、考え抜いたものをNOBUでは提供しています」(松久氏)。NOBUオリジナルのテーブルウェアの代表作の皿と言える。

             

             

             

            ■幅広い用途で楽しめる西京皿  
            素材は磁器の中でもトップクラスと言われる高級な白磁を使用。料理がより引き立つ美しい白さが特徴的だ。世界のNOBUがこだわりを持つ西京皿は、魚のほかに、肉の串焼き、アイスやケーキなどのデザート、お茶受け、天ぷら、チーズやサラミ、乾きもの用にしても様になるから嬉しい。丸いモチーフ部分は、塩やオリーブオイル、ソース入れとして使用すると、見栄えもよくオススメ。世界のNOBUレストランのテーブルウェアを自宅で気軽に楽しめるはず。いつもよりちょっと贅沢な気分にさせてくれるワンランクアップしたテーブルコーディネートを楽しんでほしい。

             

            NOBU】西京皿 3,240円(税込)

             

             


            大阪地震

            0

              JUGEMテーマ:日記+情報

               

               

              まずはじめに

               

              犠牲になられました方のご冥福をお祈り致します。

               

              又、被災されている方々のお見舞い申し上げます。

               

              さて、今回の大阪地震、

               

              僕の住んでる天王寺では、震度4くらいだったと思いますが、

               

              阪神淡路大震災の時のような揺れだったように思うくらい

               

              揺れました。

               

              場所にもよると思いますが・・・

               

              東西に揺れが激しかったので、その方角にたてていた物等が散乱してました。

               

              幸いけがはありませんでしたが、阪神淡路大震災の時を

               

              思い出し恐怖を思い出しました。

               

              又、改めて思いましたが、地震対策をしている扉や棚等は

               

              倒れたり、中の物が散乱する事無く助かりました。

              (震度がもっと大きければ無駄なのかもしれませんが・・・)

               

              被害を最小限にする為には一人一人の意識の高さが必要だなと

               

              思いました。

               

              また、今回もそうですが、実際に地震が起きたりした時だけ

               

              食料や水等の買い占めが起こるのもいかがなものかと・・・

               

              いかに普段から何も考えていない証拠ですよね。

               

              地震大国日本に居る限りさけては通れないのですから

               

              常日頃から、自分の身は自分で守るくらいの考えを持たないと

               

              いけないように思いました。

               

              今回は、自分自身も色々と考える事がありました。

               

              まだまだ予断は許さない状況が続いていますので、

               

              今一度、避難用品の準備、避難経路の確認しようと思いました。

               

              震源域の皆様はまだまだ不安な日が続くと思います。

               

              体調を崩されないようにお気をつけ下さい。

               

              これ以上被害がでない事を祈りつつ・・・

               

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               

              <スポンサード>

               

               

              山善(YAMAZEN) 非常用持ち出し袋 簡易避難セット 防災用品 避難リュック 防災グッズ30点セット 一次避難向け YBG-30

               

               


              おすすめの本♪

              0

                JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌

                 

                義務教育の「常識」を捨てろ、「好きなこと」にとことんハマれ! 


                真に「自由」な生き方を追求するホリエモンが放つ本音の教育論

                学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。

                 

                しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が

                 

                可能になった現代、国家は名実ともに"虚構の共同体"に成り下がった。

                 

                もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、

                 

                学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。

                 

                では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 「学校はいらない」

                 

                「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」

                 

                「遊びは未来の仕事になる」――本音で闘うホリエモンの牴粁甼軌蚣! 

                自ら学び、楽しく働く姿を取り戻せ! 


                「好きなもの」は無敵の武器だ! /ハマる対象は何でもいい/三つの

                 

                「タグ」で自分の価値を上げろ/あなたは「レア」人材か?/決断の時は

                 

                「今この瞬間」/未来予測なんてできるわけない/

                 

                義務教育が植え付けるのは空虚な「常識」/これから人はG人材とL人材に分かれる/

                 

                楽しくない仕事は今すぐ辞めろ! /モノは持たなくていい/

                 

                「所有」から「アクセス」へ/「快のシェア」がこれからの幸せ/

                 

                「学び」とは「没頭」すること/「没頭」は天才の特権ではなく誰でもできる

                 

                /学歴や資格を活かそうとするな! /「目標」を設定すると「目標以上」になれない/

                 

                「やりたいこと」をやってる人にはかなわない/「手抜き」で有限の時間を守れ! /

                 

                行動は「これいいじゃん」という小さな発見から/「遊ぶ」「働く」「学ぶ」は三位一体

                 

                 

                 

                すべての教育は「洗脳」である〜21世紀の脱・学校論〜 (光文社新書)

                 

                 


                おすすめの本♪

                0

                  JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌

                   

                  現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、

                   

                  たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。

                   

                  しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、

                   

                  まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、

                   

                  成熟した人間だけが到達できる境地でもある。

                   

                  「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」

                   

                  「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、

                   

                  一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

                   

                   

                  極上の孤独 (幻冬舎新書)

                   

                   

                   


                  おすすめの本♪

                  0

                    JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌

                     

                    世の中を見渡せば極端な右と左ばかり。

                     

                    なぜ日本の言論界は「バカ」だらけになってしまったのか。

                     

                    かなり不愉快、しかし納得。政治、経済からワイドショーネタまで、

                     

                    今大注目の作家がズバリ解説!

                     

                     

                    バカが多いのには理由がある (集英社文庫)

                     

                     

                     


                    拓巳さんの新刊 お金のポケットが増える ”スゴイ! 稼ぎ方”

                    0

                      JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌

                       

                       

                      自分オリジナルの「7つのお財布」を作りましょう! 

                      人生100年時代になり、「最初に勤めた会社で定年まで働いて、

                       

                      あとは年金でゆったり」という図式は、とうの昔に成り立たなくなりました。


                      これからは一人ひとりが、食いぶちをどうするか、

                       

                      大げさに言えば戦略を組み立てながら、稼いでいかなければなりません。

                      一方で、あらゆる業界で人手不足が当たり前になり、

                       

                      働き方を柔軟にして優秀な人材を確保するため、

                       

                      副業を解禁する会社が相次いでいます。


                      努力次第で、収入を増やす環境は整ってきました。

                       

                      そのためには、広い意味で学び続けることが大事。


                      「自分探し」ではなく「自分磨き」の時代になったのです。

                      本書は、「お金のセブンポケッツ」作りをみなさんに提案します。


                      セブンポケッツとは、いわば「7つのお財布」を持つということ。


                      本業だけで稼ぐのではなく、収入源を分散させて、

                       

                      できれば7つのポケットを持つことで、お金の悩みから自由になりましょう。

                      そのヒントになるように、具体的な考え方と方法をお伝えします。たとえば、


                      「自分が得意なことを3つ、組み合わせる! 」
                      「他人のひそかな悩みが、お金になる! 」 
                      「本業で得た学びを、副業に活かす! 」


                      といった視点で、お金のポケットが増える新しい稼ぎ方について、紹介していきます。

                      第4章の「著者の稼ぎ方原体験」では、

                       

                      著者が幼少期の経済的な苦労を経て体得した、

                       

                      独自の「仕事とお金」観を披露しており、おススメです。

                       

                      お金のポケットが増える スゴイ! 稼ぎ方

                       

                       


                      | 1/18PAGES | >>